そんなに食べていないのに太るのはなぜ?

ダイエットと筋肉は深い関係があります。筋肉が減少するとそれだけ太りやすい体になります。筋肉量が少ないと基礎代謝が落ちるためです。
最近、若い人には食べる量はそんなに多くないのに太りやすい体質の人が増えているといわれていますが、その理由の一つとして筋肉が不足していることが考えられます。
エネルギーの消費量が摂取量を上回れば体重は減ります。若ければ若いほど運動によって代謝がよくなり、なるべく早めにスタートした方が効率的です。
とりわけ内臓脂肪は生活習慣に伴う体のトラブルの主因の一つと言われています。
運動をすることで内臓脂肪をエネルギーとして消費し、将来のトラブル予防につなげることもできます。
イルチブレインヨガで健康的な美しさを💛

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

カテゴリーblog