そんなに食べていないのに太るのはなぜ?

ダイエットと筋肉は深い関係があります。筋肉が減少するとそれだけ太りやすい体になります。筋肉量が少ないと基礎代謝が落ちるためです。
最近、若い人には食べる量はそんなに多くないのに太りやすい体質の人が増えているといわれていますが、その理由の一つとして筋肉が不足していることが考えられます。
エネルギーの消費量が摂取量を上回れば体重は減ります。若ければ若いほど運動によって代謝がよくなり、なるべく早めにスタートした方が効率的です。
とりわけ内臓脂肪は生活習慣に伴う体のトラブルの主因の一つと言われています。
運動をすることで内臓脂肪をエネルギーとして消費し、将来のトラブル予防につなげることもできます。
イルチブレインヨガで健康的な美しさを💛

ストレスとうまくつきあっていますか?

私たちは生きている限り、自然からいろいろな影響を受けます。寒い熱いといった感覚はその最たるものですね。

4月に入り、新しい環境で多かれ少なかれ、ストレスを感じていませんか?  
ストレスを感じると様々な感情が出てきます。

あなたはどのタイプ?
☆文句をいう。
☆我慢する。
☆他人のせいにする。
☆運動や芸術で発散する。

そのストレスに適応しきれないと不安を感じたり、体の調子がおかしくなったりします。
うまくそのストレスを発散させ、明るい気持ちで毎日を送りたいものですね!!! 

地球の主人は、天と地、自然です。 地球環境です。

科学技術の発達により
人間が地球の主人のように行動していますが
それは大きな勘違いです。
地球の主人は、天と地、自然です。
地球環境です。

私たちは、太陽や空気なしに
自然に頼らずには
1秒たりとも生きることができません。
99%を地球環境に依存しているのに
人間が地球の主人のふりをして
地球を破壊し汚染しました。

私たちは、地球の主人ではありません。
しばし訪れた客人です。
私たちは、地球にやってきた客として
地球に感謝し
環境を保護しつつ聡明に
共生しなければならないのです。

一指 李承憲著『人生120年の選択』

1分で気分を変えてみませんか。

ソーシャルディスタンスが長期化し
「コロナ疲れ」という言葉が生まれました。
まだまだ油断できない状況ですが
皆で力を合わせて乗り越えられたらと思います。

1分で気分を変えられる最高の運動があります。
それは笑いです。
目を閉じて、1分間笑ってみましょう。

最初は、作り笑いでも
無理やり笑っても
笑っているうちに本当に笑いだします。
脳から幸せホルモンが分泌されるのです。

笑えることがあるから笑うのではありません。
自分の健康と幸せのために
皆の健康、幸せ、平和のために
大きく笑って
1日をスタートしてみましょう。    

自分の内面をみつめよう

私たちには内面を眺める目があります。すべてを知っています。
ただ自分を守るために「知らない」という時があります。
知らないというのはの自分を隠して・・・・・。
内面にある宝物と出会ってみませんか。
そんな瞬間があなたを待っています。

頭はスッキリ、お腹はポカポカ?

太陽の火のエネルギーが海をあたため、水のエネルギーが水蒸気となり空に上り、雲になり雨を降らす。このような自然の原理が人の身体の中でも行われています。頭はスッキリ、お腹はポカポカ。この状態を[水昇火降]と言います。[頭寒足熱]とも言いますね。
ストレス社会の中、いつもイライラ、お腹は冷えた方が多いです。あなたはどちらですか?
イルチブレインヨガではトレーニングを通じて水昇火降の状態に戻れるようになります。

リラックスした集中力を生み出す瞑想を体験してみませんか?

人間には目に見える肉体と目に見えない意識があります。

そして肉体と意識の世界を行き来し
絶えず情報を伝達する媒介体のエネルギーがあります。

そのエネルギーを感じる瞑想を一緒にやってみましょう。

エネルギーを感じると、思考が減って脳波が安定します。

このとき、私たちの体はゆるみ、
意識は明瞭な「弛緩した集中」状態になります。

経ったまま腰のストレツチ ~立位前屈~

運動不足になったり筋肉が衰えてくると
まっさきに不調を訴える部位のひとつが
「腰」ではないでしょうか?

そんなときは
太ももの裏の筋肉を伸ばしてみましょう。

太ももの裏の筋肉は
ハムストリングと呼ばれ
スポーツの世界でも重視されています。

ここが緊張して固くなっていると
股関節の可動域が狭くなるため
足を自由に動かすことができなくなります。

そのぶん腰に負担がかかりやすくなります。

太ももの裏の筋肉は
日常生活ではあまり使われないため
意識的に伸ばさないと
どんどん硬くなってしまいます。

イルチブレインヨガの立位前屈は
立ったままできる簡単ストレッチです。

ハムストリング、ふくらはぎ、腰を
気持ちよく伸ばしていきましょう。

股関節まわりの筋肉の緊張がとれ
腰に負担をかけない動作が
自然にできるようになります。

姿勢も美しくなります。

呼吸で姿勢矯正!簡単ですが、効果絶大です!

イルチブレインヨガの「ILCHIポジション」を紹介します。骨盤を整え、全身のエネ
 
ルギーの流れをスムーズにするポーズです。
 
 
 ILCHIポジションは、あおむけになって両腕を頭上に伸ばし、人差し指を突き出すポ
 
ーズです。伸びをするように腕全体をスッと伸ばすことで、両わきが伸び、骨盤の位置
 
が調整されます。全身の骨格のバランスを整えるのに最適です。
 
 
 ILCHIポジションにはいくつかのポイントがあります。その一つは、人差し指を立て
 
ることです。人差し指は、手の「陽明大腸経」が始まるところです。陽明大腸経はた
 
いへん重要な気エネルギーの通り道(経絡)の一つで、大腸のほか、胃や肺とも深く
 
関係しています。
 
 
 ILCHIポジションで人差し指をピンと伸ばすことで、全身の経絡が刺激され、気エネ
 
ルギーの循環が良くなります。
 
 
 もう一つ、ILCHIポジションの大事なポイントは、腹式呼吸が簡単にできることで
 
す。私たちの体は、立っているときや座っているとき、上にある臓器が下の臓器を圧
 
迫しています。しかし、あおむけになると、お腹周辺の臓器が圧迫から解放されるた
 
め、お腹を使った呼吸がしやすくなります。
 
 
 また、あお向けになって腕を伸ばしたままで肺呼吸をしようとしても、なかなか簡
 
単にはできません。肋骨の間の筋肉が伸びた状態になっていて、あまり活発に動かせ
 
ないからです。このため、呼吸が自然にお腹のほうにおりてきて、無理なく腹式呼吸
 
ができるようになります。
 
 <イルチブレインヨガの「ILCHIポジション」>
 
1. 楽にあお向けになり、体を軽く揺らしてリラックスします。
 
2. 両手をゆっくり頭の上にあげ、拳を握り、人差し指だけを立てます。
 
3. 腕は無理に伸ばさず、体の状態に意識を集中しながら、呼吸をします。

新型コロナウイルスが本当に怖いのは・・・・・。

新型コロナウイルスが
本当に怖いのは、本当に見なければいけないのは、
ウィルスではなく、人間のカラダの中の「システム不具合」なのです。
 
サイトカインストームが起こる人と、起こらない無症状の人の、
違いとは、老化であり、健康状態であり、栄養状態であり、代謝であり、免疫寛容なのです。
 
ワクチンで仮に抗体が出来ても数か月で体内から消失します。
期待されている新薬があっても、コロナの特効薬にはなりません。

だから、ワクチン・新薬の期待や感染防止対策よりも、感染しない体づくりや、感染しても無症状化する体づくりに本来フォーカスするべきで、いつまでも、「逃げる」感染予防ばかりしていても、再び動き始めればまた再流行するという、イタチごっこになるだけです。

怖いのは、本質的で根本的なことを忘れ、マスメディアに踊らされて不安な気持ちで日々を過ごすな意識です。

もちろん、油断はできませんが、こうした時代だからこそ、冷静に考える力を養うこととやるべきことをやっておく、それに越したことはありません。

そこで体温を上げ自然治癒力、抵抗力を上げるイルチブレインヨガのレッスンが必要なのです。
意識をチェンジさせるための脳をいかにうまく使うかです。

是非、体験レッスンにお越しください。お待ちしています。